斉藤道三はかつて何を売る仕事をしていた?

美濃のマムシと呼ばれ、下克上で美濃国主となった斉藤道三。彼はかつて何を売る仕事を生業としていたでしょうか?

( 正解率は 96 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「油」

  回答内訳

26人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 1回

反物(たんもの) (1回答、3%)
油 (25回答、96%)
ろうそく (0回答、0%)
そば粉 (0回答、0%)
 解説

油問屋の娘を妻として迎え入れた道三は必然的に油売りになりました。この業界においても彼には才覚があったようで、油売りの行商として成功を収めたと記載があります。

彼が武士の道に入ったのは、行商中、とある武士に「商人としては一流だが武芸の道ではどうだろう?きっと武の道でも大成するのにもったいないことだ」とその力を惜しまれたからだと言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事