豊臣秀吉の怒りを買って、切腹した茶人は?

茶道のイラスト

豊臣秀吉が信頼を置いていましたが、あることで秀吉の怒りを買い、切腹させられた茶人がいました。 さて、その人物は次のうち誰でしょう?

( 正解率は 100 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「千利休(せんのりきゅう)」

  回答内訳

24人 が回答済です

荒木村重(あらき むらしげ)(0回答)
0%
古田織部(ふるた おりべ)(0回答)
0%
今井宗久(いまい そうきゅう)(0回答)
0%
千利休(せんのりきゅう)(24回答)
100%

※未回答での閲覧回数は 5回

 解説

千利休は群雄割拠の戦国時代において、天下一の茶人と評された人物です。 茶の湯と出会い17歳の頃で、以後茶人としての人生を歩みました。 そして、利休は織田信長に仕えると重宝され茶頭として地位を確かなものにしていきます。

信長死後は豊臣秀吉に仕え、豊臣の政治に関わりますが、天正19年(1591)に秀吉から突然切腹を言い渡され、亡くなりました。

利休の切腹の理由は諸説あり、一説では大徳寺山門の上に建立された利休の木像の下を秀吉が通ったことが原因とされています。秀吉にとって家臣にあたる利休に木像であっても、頭を踏みつけられるのが気に入らなかったようです。

 もっと詳しく知りたい

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事