姉川の戦いにおける徳川軍の功労者は?

姉川古戦場跡

姉川の戦いにおいて、朝倉軍に側面攻撃を行なって、ピンチに陥っていた織田軍を救出した、という活躍をみせた徳川の武将は誰でしょうか?

( 正解率は 22 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「榊原康政」

  回答内訳

27人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 2回

酒井忠次 (3回答、11%)
本多忠勝 (17回答、62%)
榊原康政 (6回答、22%)
井伊直政 (1回答、3%)
 解説

榊原康政は幼い頃から徳川家康に仕えた武将であり、家康からの信頼も厚く、戦いの作戦を立てる才能に優れていました。

浅井・朝倉連合軍と、織田・徳川連合軍が衝突した1570年の姉川の戦いで、康政は劣勢であった織田軍を助けるために西から迂回し、側面から奇襲攻撃をすることで、戦局を優勢にしたとか。ただし、この話は江戸時代に創作された、との見方も強いようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事