織田信長以前に畿内を平定していたのは誰?

畿内(山城国・摂津国・河内国・大和国・和泉国の5か国。都に近い地域のこと。)は1568年に織田信長が足利義昭を奉じて上洛、平定しています。さて、信長以前に畿内を支配していたのは次のうち、誰でしょうか?

( 正解率は 83 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「三好長慶」

  回答内訳

87人 が回答済です

六角定頼(5回答)
5%
三好長慶(73回答)
83%
石山本願寺(4回答)
4%
斯波義統(5回答)
5%

※未回答での閲覧回数は 5回

 解説

「三好長慶」は元々は細川晴元の重臣でしたが、主君の晴元は父の仇でもありました。やがて晴元と13代将軍足利義輝を京から追放。畿内を平定して三好政権を樹立しています。

近年では、三好長慶は信長よりも前に天下をとったと考えられています。しかし、長慶死後の三好家は内部対立で内側から瓦解。天下は上洛した織田信長に傾いていくことになります。

 もっと詳しく知りたい

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事