天皇から正三位の位を賜ったという逸話を持つ槍とは?

槍ながら、天皇から正三位の位を賜り、その後足利義昭に下賜され、そして織田信長、豊臣秀吉へと渡り、福島正則、そして黒田家の家臣の手に渡ることになった天下の名槍とは、次のうちどれでしょうか?

( 正解率は 62 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「日本号」

  回答内訳

24人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 2回

大和号 (3回答、12%)
日本号 (15回答、62%)
一発号 (3回答、12%)
無骨号 (3回答、12%)
 解説

元々は無名の槍であったともいわれている槍であり、皇族所有となったものです。

槍ではあるものの正三位の位を賜ったという逸話があり、槍に三位の位ありと謳われた名槍であり、天皇から足利義昭、そして信長、秀吉、福島正則の手に渡り、最終的に母里友信の手に渡りました。

なお、現存している名槍でもあり、見に行くことは可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事