山中鹿之介の名言「我に●●●●を与えたまえ」とは?

山中鹿之助の肖像画

尼子家家臣の山中鹿之介は、毛利家に敗れた尼子家の再興のため、「我に●●●●を与えたまえ」と三日月に祈ったといいます。 さて、●に入る4文字の言葉とは、次のうちどれでしょうか?

( 正解率は 77 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「七難八苦(しちなんはっく)」

  回答内訳

22人 が回答済です

起死回生(きしかいせい)(2回答)
9%
陰謀詭計(いんぼうきけい)(3回答)
13%
妖異幻怪(よういげんかい)(0回答)
0%
七難八苦(しちなんはっく)(17回答)
77%

※未回答での閲覧回数は 0回

 解説

尼子家は、本拠地である難攻不落と言われた月山富田城を毛利元就に攻略されて瞬く間に没落します。

尼子家家臣の山中鹿之介はお家再興の為、当時中国方面の攻略を進める織田信長に接近しました。尼子義久を主君に担ぎ上げ、信長より美作上月城を与えられた際に、月に向かって「我に七難八苦を与えたまえ」と言った逸話があります。

しかし、山中鹿之介の願いも虚しく、またもや毛利家により討伐されて歴史から消え去りました。


 記事でくわしく知りたい

 こんなクイズもあります