超高年齢で子どもが出来たとされる武将は?

戦国時代は自家繁栄のために、子孫を沢山もうけることが使命でした。そんな中、80歳前後あたりという、超高年齢で子供をもうけたとされる武将は誰でしょうか?

( 正解率は 26 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「金森長近」

  回答内訳

26人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 4回

徳川家康 (6回答、23%)
毛利元就 (10回答、38%)
石田重家 (3回答、11%)
金森長近 (7回答、26%)
 解説

金森長近は飛騨高山藩主で85歳まで生きた長寿武将です。最後の子どもは現在では難しい、77歳(82歳とも)でできたと言われています。

徳川家康は75歳まで生き、実子養子含め38名、最後の子は五女市姫で65歳でもうけました。毛利元就も75歳まで生きた長寿武将で、子煩悩でした。一方、石田重家は、記録が残っている中では最長寿の武将で100歳(104歳説有り)まで生きたとされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事