家紋「●●対い鶴」を使用していたとされる武将は?

蒲生氏の家紋「蒲生対い(むかい)鶴」

独特の鶴紋である「●●対い鶴」の家紋を使用していたとされる武将は?(※上記画像参照、●●には一族名が入ります。)

( 正解率は 77 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「蒲生氏郷」

  回答内訳

89人 が回答済です

蒲生氏郷(69回答)
77%
高山右近(9回答)
10%
細川忠興(8回答)
8%
前田利長(3回答)
3%

※未回答での閲覧回数は 7回

 解説

鶴は長寿の象徴として、古来より縁起の良いモチーフとされてきました。蒲生氏もとある故事から、室町時代中期ごろより、二羽の立ち鶴が向かい合った「蒲生対い鶴」という紋を使っていたとされます。

蒲生氏郷自身が使用していた門は残念ながら不明ですが、氏郷も何かと鶴に縁があります。氏郷が統治した会津の「若松城」が「鶴ヶ城」と呼ばれるのは蒲生氏の家紋が由来とも言われ、また氏郷の幼名も「鶴千代」と鶴にちなんだものだったりします。

※参考:https://sengoku-his.com/860


 記事でくわしく知りたい

 こんなクイズもあります