江戸時代、毛利家が行なっていた一風変わった正月の儀式って?

...

江戸時代、毛利家では毎年お正月になると、殿様と臣下との間で、一風変わった儀式が執り行われたというエピソードがあります。その変わった儀式とは何だったのでしょうか?

( 正解率は 41 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「倒幕の確認」

  回答内訳

122人 が回答済です

倒幕の確認(51回答)
41%
豊作の占い(16回答)
13%
踏み絵(15回答)
12%
大砲を撃つ(40回答)
32%

※未回答での閲覧回数は 5回

 解説

毛利家は関ヶ原の戦いの時、領地の存続を約束されていたのですが、それを家康によっと反故にされたことがあります。その恨みなのか、毎年お正月の挨拶で臣下が「今年は(倒幕)はいかがか」と訪ね、藩主が「まだ早い」と答えたとか。

真偽は定かではありませんが、この恨みのエネルギーが幕末での長州の活躍につながっていったのかもしれませんね。


 こんなクイズもあります