家紋「一文字三星」を使用した一族といえば?

毛利氏の家紋「一文字三星」

戦国時代、「一」の下に「●」を三つ積み重ねた、シンプルな形の家紋である「一文字三星(いちもんじ みつぼし)」を使用していた一族は? (※上記画像参照)

( 正解率は 92 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「毛利氏」

  回答内訳

28人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 1回

大内氏 (2回答、7%)
毛利氏 (26回答、92%)
尼子氏 (0回答、0%)
大友氏 (0回答、0%)
 解説

この紋は「一文字三星」「三星一引」「毛利星」など、複数の名称があり、長州の紋として「長門星」と呼ばれることもあります。 なお、「三星」は、オリオン座の一部である横三つの星を意味しているといいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事