古代日本で行なわれた裁判方法は?

...
大化以前において、裁判の事実の立証方法に盟神探湯(クカタチ)という方法がありました。盟神探湯とはどのような方法でしょうか? ( 正解率は 48 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「熱湯に手を入れ、手のやけどの有無を確認する。」

  回答内訳

33人 が回答済です

熱湯に手を入れ、手のやけどの有無を確認する。(16回答)
48%
灰を混ぜたお湯を飲み、体調の変化を確認する。(3回答)
9%
神木に熱湯をたらし、その色合いの変化で罪を判定する。(9回答)
27%
温泉に浸かり、体温の変化を確認する。(5回答)
15%

※未回答での閲覧回数は 4回

 解説

 盟神探湯(クカタチ)は事の正邪、当否の判断を呪術的な力に任せるという神判の一種として行われていました。

 また、室町時代頃からは起請文を書いたうえで熱湯から石を取り出し、手のやけど具合で罪の有無を決める湯起請(ゆぎしょう)が行われました。まさに盟神探湯の復活と言えます。

※参考文献
・「古代医療官人制の研究」新村拓 法政大学出版局 1983年
・「古文書学入門」佐藤進一 法政大学出版局 1997年


 こんなクイズもあります