柴田勝家の与力で、「鬼玄蕃」と称された武将とは誰?

佐久間盛政の錦絵

柴田勝家の与力として北陸方面で活躍し、賤ヶ岳の戦いでも勇戦した「鬼玄蕃(おにげんば)」と称された武将とは、次のうち誰でしょうか?

( 正解率は 85 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「佐久間盛政」

  回答内訳

14人 が回答済です

佐久間盛政(12回答)
85%
柴田勝政(1回答)
7%
前田利家(1回答)
7%
不破光治(0回答)
0%

※未回答での閲覧回数は 0回

 解説

柴田勝家に従って北陸地方を転戦した佐久間盛政ですが、その勇猛ぶりは鬼玄蕃と称されたほどでした。

天正11年(1583年)春、盛政は柴田軍の中核戦力として賤ヶ岳に出陣し、羽柴秀吉と対峙します。秀吉が陣を離れた隙をついて大岩山砦を奪い取るなど奇策を見せました。

ところが突如として羽柴軍が現れて乱戦となり、味方の日和見も重なって敗退。最後は捕らえられてしまうのです。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事