戦国最弱と揶揄される武将は?

戦下手で居城を何度も落とされ、「戦国最弱」と評価されることも多いという、関東の武将は次のうち誰でしょう?

( 正解率は 72 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「小田氏治」

  回答内訳

144人 が回答済です

結城政勝(16回答)
11%
小田氏治(104回答)
72%
太田資正(12回答)
8%
佐竹義昭(12回答)
8%

※未回答での閲覧回数は 19回

 解説

小田氏治(おだ うじはる)は常陸国(現在の茨城県の大部分)の戦国武将です。その生涯でおよそ20回も合戦に敗れていることから、歴史好きの間では「戦国最弱」と噂されています。

ただ、居城の小田城を何度も落とされているにもかかわらず、その度に不屈の精神と家臣団の強い結束で城を奪還していることから、決して諦めない力量のある武将としても知られています。領民達からも慕われていた彼は、優れた人徳を備えた武将であったと伝わっています。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事