猛将・森長可が所持しており、あまりの切れ味からその名が付いた槍の名は?

森長可のイラスト
猛将で名高い森長可が所持していた十文字槍で、あまりの切れ味からその名が付いた槍の名前とは? ( 正解率は 70 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「人間無骨(にんげんむこつ)」

  回答内訳

31人 が回答済です

蜻蛉切(とんぼきり)(8回答)
25%
人間失格(0回答)
0%
人間五十年(1回答)
3%
人間無骨(にんげんむこつ)(22回答)
70%

※未回答での閲覧回数は 3回

 解説

森長可が愛用していたという十文字槍が「人間無骨(にんげんむこつ)」です。室町時代末期に二代目関兼定によって製作されたと伝わります。

その名前の由来は、まるで人間の骨がないかの如く切れ味が鋭いことから名付けられたとも。

長可は人間無骨を携えて初陣を果たし、27もの敵の首級を上げたそうです。長久手の戦いで長可が討ち死にしたのちは、弟の忠政に受け継がれました。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事