武田信玄をかたどった仏像とは?

恵林寺にある武田不動尊(出所:<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%B5%E6%9E%97%E5%AF%BA" target="_blank">wikipedia</a>)

生前の姿を模った像が残っている戦国武将は何人もいますが、武田信玄には自身の姿をモデルにしたという仏像が残っています。 武勇に優れた信玄に相応しいその神仏は、いったい何でしょうか?

( 正解率は 68 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「不動明王(ふどうみょうおう)」

  回答内訳

50人 が回答済です

薬師如来(やくしにょらい)(10回答)
20%
閻魔大王(えんまだいおう)(4回答)
8%
不動明王(ふどうみょうおう)(34回答)
68%
毘沙門天(びしゃもんてん)(2回答)
4%

※未回答での閲覧回数は 5回

 解説

武田不動尊と呼ばれる不動明王像が、武田信玄をモデルに作られたとされています。 この像は山梨県甲州市にある恵林寺という武田家の菩提寺に現存しており、山梨県の指定文化財となっています。

信玄は仏師(仏像の彫刻家)に自分の像を作るよう命じました。数日で瓜二つの像が出来上がり、信玄はとても喜びました。 すると家臣の真田昌幸が「もし他国が攻めてきてこの像を見つけたら、真っ先に壊されてしまうでしょう」と指摘し、信玄像をベースにした不動明王像に作り替えたという逸話があります。

2021年3月12日にこの像について新たな発見があり、作られたのが元亀3(1572)年4月であったと発表されました。 これは武田信玄が亡くなる前年であるという話です。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事