本能寺の変の直前に信長の見た悪夢とは?

...

本能寺の変の一月ほど前に織田信長が見た悪夢のエピソードです。 「ある動物が馬の腹を食い破って出てきた」という夢でしたが、その出てきた動物とは一体なんでしょうか?

( 正解率は 42 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「ネズミ」

  回答内訳

270人 が回答済です

ネズミ(115回答)
42%
トラ(55回答)
20%
竜(73回答)
27%
イヌ(27回答)
10%

※未回答での閲覧回数は 33回

 解説

『名将言行録』によると、信長の見た夢は、馬の腹をネズミが食い破る、というものでした。

この夢は一体何を意味しているのだろうと、信長は森蘭丸に尋ねます。すると蘭丸は、良い暗示ですよ、と答えましたが、その後こっそりと別の人にこう言いました。

「これはゆゆしき大事だ。信長様は午年生まれ、明智光秀は子年生まれ。ネズミが馬の腹を食い破るとはつまり、光秀によって殿が切腹に追いやられるという悪い暗示だ。」 そしてさらに「もう十日早くわかっていれば、打つ手もあったのに。」と蘭丸は涙を流しました。

聞いた人は皆、蘭丸の大げさな様子を笑っていました。しかし一ヶ月後、蘭丸の言ったことは本当だった、と皆が思い知ったのでした。


 こんなクイズもあります