1570年、信長を待ち伏せして狙撃したのは誰?

鉄砲足軽のイラスト

元亀元(1570)年、金ヶ崎の退き口で京都まで撤退した織田信長が、その後に岐阜へ向かう際、千草越えで何者かに狙撃されました。 信長を待ち伏せして狙撃したのは誰でしょう?

( 正解率は 51 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「杉谷善住坊(すぎたに ぜんじゅぼう)」

  回答内訳

125人 が回答済です

杉谷善住坊(すぎたに ぜんじゅぼう)(64回答)
51%
雑賀孫市(さいか まごいち)(34回答)
27%
遠藤直経(えんどう なおつね)(10回答)
8%
斎藤龍興(さいとう たつおき)(17回答)
13%

※未回答での閲覧回数は 13回

 解説

元亀元(1570)年の越前朝倉攻めにおいて、金ヶ崎から軍を返した織田信長は、朽木谷を越えてようやく撤退に成功し、京都へ帰り着きます。(金ヶ崎の退き口)

しかし、この後に信長が京都から本拠の岐阜に移動する道中、虎視眈々と待ち伏せする者がいました。六角氏から依頼を受けた鉄砲の名手、杉谷善住坊です。

善住坊は至近距離から弾丸を2発発射するも命中せず、暗殺に失敗して逃亡。しかし信長の怒りは凄まじく、5年後には捕縛されます。あげく、竹の鋸で首を挽かれて処刑されてしまったそうです。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事