大坂の陣で戦った真田幸村の甲冑の色は何色?

真田幸村の写真2

真田軍は一際目立つ甲冑を身につけ、戦場で戦っていたという話があります。 さて、真田幸村が大坂の陣(1614~15年)の際に着用していた甲冑は何色だったのでしょうか。

( 正解率は 100 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「赤」

  回答内訳

33人 が回答済です

青(0回答)
0%
赤(33回答)
100%
緑(0回答)
0%
黒(0回答)
0%

※未回答での閲覧回数は 7回

 解説

大坂夏の陣の様子が描かれた『大坂夏の陣図屏風』には、赤い甲冑を着た真田信繁(幸村)らしき人物を見ることができます。また、その周辺には「真田の赤備え」として有名な、幸村率いる部隊も描かれています。

真田家はもともと武田家の家臣であり、武田信玄率いる精鋭部隊(せいえいぶたい)が着用した「赤備え」を継承したと伝わっています。ただ、それが本当に実在したのか、確証はありませんでした。

しかし、2016年。驚くべきことに真田家末裔の自宅から、赤い甲冑の一部が保管されていたことが確認されているのです。

 もっと詳しく知りたい

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事