真田幸村が人質として預けられた大名とは?

真田幸村のイラスト

大阪の陣でヒーローとなった武将・真田幸村。彼の前半生は人質を何度も経験、しかも複数の大名家に送り出されています。さて、幸村が人質として預けられた大名家とは、次のうち、どれでしょうか?

( 正解率は 53 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「武田家、上杉家、豊臣家」

  回答内訳

66人 が回答済です

上杉家、徳川家、豊臣家(22回答)
33%
武田家、織田家、北条家(4回答)
6%
武田家、上杉家、豊臣家(35回答)
53%
今川家、織田家、徳川家(5回答)
7%

※未回答での閲覧回数は 8回

 解説

真田幸村が生まれた当時、父の真田昌幸は甲斐の武田信玄の家臣でした。このため、武田家が滅亡する1582年まで幸村は武田の人質として過ごしています。

武田滅亡直後、昌幸は生き残りをかけて主君を次々と変えながら、徳川家康の配下として一旦落ち着くのですが、やがて領土問題で家康と折り合わずに対立。1585年には、昌幸は主君を上杉景勝に替え、その際に幸村が人質として上杉家に出されました。

さらに1~2年後には、上杉、徳川、真田いずれも豊臣秀吉の傘下となりました。このときも幸村は豊臣家の人質として送られているのです。

 もっと詳しく知りたい

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事