数多くいる毛利元就の男児の中で、10歳で初陣したのは誰?

毛利元就の略系図イラスト

数多くの男児に恵まれた毛利元就ですが、中には元服前に出陣を果たしたわんぱくな息子もいました。では、その人物とは次のうち誰でしょうか?

( 正解率は 50 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「次男・吉川元春(きっかわ もとはる)」

  回答内訳

14人 が回答済です

嫡男・毛利隆元(もうり たかもと)(2回答)
14%
次男・吉川元春(きっかわ もとはる)(7回答)
50%
三男・小早川隆景(こばやかわ たかかげ)(4回答)
28%
四男・穂井田元清(ほいだ もときよ)(1回答)
7%

※未回答での閲覧回数は 3回

 解説

吉川元春は、享禄3(1530)年に生まれの毛利元就の次男にあたる人物です。天文9(1540)年には元服前でありながらも初陣を果たしています。

やがて母・妙玖(みょうきゅう)の生家である吉川家に養子入りし、天文19(1550)年には父元就が養父だった吉川興経を強制隠居させたことで、元春が吉川家の家督を相続することになりました。

その後は、「毛利両川体制」で軍事面を担当。大内や尼子との戦いで主力として働き、毛利家の中国制覇の足がかりとなりました。

 もっと詳しく知りたい

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事