秀吉が用いた「干殺し」ってどういう戦術?

...

豊臣秀吉が用いた戦法に「干殺し(ひごろし)」と呼ばれるものがありますが、これはどんな戦法なのでしょうか?

( 正解率は 70 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「敵の食料を絶つ」

  回答内訳

127人 が回答済です

敵の水源を絶つ(23回答)
18%
敵の食料を絶つ(90回答)
70%
城の堀を干上がらせる(13回答)
10%
熱中症にさせる(1回答)
0%

※未回答での閲覧回数は 16回

 解説

水攻めや一夜城など特殊な戦法を用いるイメージがある秀吉が、播磨国の三木城を攻めたときに用いたのが干殺しです。いわゆる兵糧攻めで、天正6(1578)年から始まり、一年八ヶ月に渡って行なわれました。

三木城は川と高地に囲まれて攻めにくいうえ、周囲に複数ある支城との連携が可能な、とても堅固な城でした。正面から戦っては、勝てたとしても多くの損害を出すことになるため、秀吉は兵糧攻めを選んだのだと考えられています。

長期に渡る兵糧攻めの末、弱り切ったところでの総攻撃に遇い、三木城の別所長治は降伏、自刃しました。そうして秀吉をはじめとする織田軍は、中国地方平定に向けてさらに軍を進めていったのです。


 記事でくわしく知りたい

 こんなクイズもあります