日本三大水攻めとは、備中高松城と忍城、残り一つは?

紀伊国・太田城の水攻めの図(惣光寺蔵。出所:<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E7%94%B0%E5%9F%8E_(%E7%B4%80%E4%BC%8A%E5%9B%BD)" target="_blank">wikipedia</a>)

戦国時代、日本三大水攻めとよばれる城攻めがありました。備中高松城、忍城、あともう一つはどこだったでしょう?

( 正解率は 52 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「太田城」

  回答内訳

25人 が回答済です

鳥取城(4回答)
16%
三木城(4回答)
16%
太田城(13回答)
52%
有岡城(4回答)
16%

※未回答での閲覧回数は 4回

 解説

天正13年(1585年)、豊臣秀吉は雑賀衆や根来衆を討伐するため、大軍を奇襲へ差し向けました。この際に戦場の一つとなったのが太田城です。

<->秀吉は太田城を取り囲むように堤防を築き、紀の川の水を流し込んで水攻めを行いました。堤防の総延長は6~7キロ、その高さ3.8~5.7メートルに及びました。

約1ヶ月にわたる戦いの末に落城し、城主太田左近らは自刃しました。城の痕跡ははっきりとしませんが、現在も堤防が残っている場所があります。

 もっと詳しく知りたい

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事