打倒平氏を掲げた以仁王の挙兵。その結末は?

以仁王の肖像(東京国立博物館蔵、出所:<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%A5%E4%BB%81%E7%8E%8B" target="_blank">wikipedia</a>)

1180年、打倒平氏を掲げて挙兵し、源平合戦のきっかけを作った以仁王(もちひとおう)ですが、彼の戦いの結末はどうなったのでしょうか?

( 正解率は 73 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「戦いに敗れ、討ち死にした」

  回答内訳

15人 が回答済です

戦いに勝利し、平氏を京都から追放した(0回答)
0%
戦いに勝利し、新たな天皇として即位した(1回答)
6%
戦いに敗れ、討ち死にした(11回答)
73%
戦いに敗れ、雲隠れした(3回答)
20%

※未回答での閲覧回数は 0回

 解説

治承4(1180)年4月、以仁王は平家追討の令旨を全国の源氏に出します。しかし以仁王の動きは平家方に知られており、以仁王は皇籍を剥奪され土佐に流されることに。間もなく彼は京都を脱出し源頼政とともに園城寺に入り抵抗を続けます。しかし平維盛軍の追撃をうけ、同年5月26日、宇治川の合戦で流矢にあたって戦死しました。

以仁王の計画じたいは失敗に終わりましたが、令旨は全国の源氏に届けられ、源頼朝の挙兵につながります。

※参考
  • 『玉葉』(名著刊行会、1971年)
  • 『吾妻鏡』(吉川弘文館、1932年)


 記事でくわしく知りたい

 こんなクイズもあります