秀吉の小田原攻めにより、滅ぼされたときの北条氏の当主は誰?

北条五代のメインビジュアル(スマホ)

1590年、北条氏は豊臣秀吉による小田原征伐で戦いに敗れ、滅亡となりますが、この当時の北条氏の当主は誰でしょうか?

( 正解率は 52 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「北条氏直」

  回答内訳

153人 が回答済です

北条早雲(1回答)
0%
北条氏康(10回答)
6%
北条氏政(61回答)
39%
北条氏直(81回答)
52%

※未回答での閲覧回数は 9回

 解説

北条氏直(うじなお)は後北条氏の5代目となる最後の当主です。1590年、秀吉による小田原攻めで敗れ、戦国大名としての北条氏は滅亡となっています。

ちなみに北条早雲(そううん)は初代の当主で戦国大名のパイオニアともいえる存在です。北条氏康(うじやす)は三代目で、甲斐の武田信玄、駿河の今川義元と甲相駿三国同盟を結び、小田原を拠点として関東進出を本格化させ、関東の広域を領国としました。

四代目は北条氏政(うじまさ)で氏直の父にあたります。氏政は、1580年に氏直に家督を譲ったものの、その後見として実権は握り続けて君臨し続けました。1590年には秀吉に敗戦して小田原城が開城した後、開戦の責任を問われ、切腹となっています。

 もっと詳しく知りたい

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事