「獅子」という異名のある戦国大名とは誰?

...

武将に関する異名は様々ありますが、「獅子」という異名のある戦国大名とは次のうち誰でしょうか?

( 正解率は 54 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「北条氏康」

  回答内訳

113人 が回答済です

最上義光(20回答)
17%
長宗我部元親(18回答)
15%
島津義弘(13回答)
11%
北条氏康(62回答)
54%

※未回答での閲覧回数は 20回

 解説

小田原城を本拠とする後北条氏の3代目が北条氏康です。初代早雲から築いた領国を次々と拡大し、関東一円の支配を目指して武田信玄や上杉謙信らと覇権を争いました。

そんな氏康に付けられた異名が「相模の獅子」というもの。後世の人々が名付けたと考えられますが、その武勇や智略は獅子のように力強いものでした。

河越夜戦では少数で大軍を撃破し、武田信玄による小田原攻めも退けてみせました。また戦国一の民政家とも評され、氏康が亡くなった時には多くの家臣や領民が涙を流して悲しんだといわれています。


 記事でくわしく知りたい

 こんなクイズもあります