丁寧に歴史を追求した "本格派" 戦国Webマガジン

秀吉が猛スピードで光秀討伐に向かった軍団大移動を何という?

秀吉による中国大返しの行程

羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)は備中高松城の水攻めの最中、明智光秀の謀反を知ってわずか10日間で京都まで帰還しました。この常識外れのスピードで京都に帰還したことを何と呼ばれていますか?

( 正解率は 89 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「中国大返し」

  回答内訳

96人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 4回

京都大返し (2回答、2%)
備中大返し (8回答、8%)
中国大返し (86回答、89%)
岐阜大返し (0回答、0%)
 解説

1582年、本能寺の変の勃発時、中国攻めの指揮官だった羽柴秀吉は備中高松城の戦いで毛利方と対峙していました。

秀吉は織田信長が討たれたことを知ると、速やかに毛利氏との講和を取りまとめ、中国路を京に向けて全軍を引き返します。この約10日間にわたる軍勢の大移動が「中国大返し」と呼ばれました。

その後まもなく、山崎の戦いにおいて明智光秀討伐に成功しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事