「裏切りや密会を好み…」と、宣教師フロイスに評された武将は?

チョイ悪な明智光秀のイラスト

イエズス会宣教師であるルイス・フロイスが書いた『日本史』の中で「彼は裏切りや密会を好み、刑を科するに残酷で、独裁的でもあったが、己を偽装するのに抜け目がなく、戦争においては謀略を得意とし、忍耐力に富み、計略と策謀の達人であった」と評された武将は誰でしょうか?

( 正解率は 51 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「明智光秀」

  回答内訳

35人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 0回

明智光秀 (18回答、51%)
松永久秀 (14回答、40%)
武田信玄 (2回答、5%)
徳川家康 (1回答、2%)
 解説

キリスト教の宣教師であるルイス・フロイスの『日本史』の戦国武将評は、かなり私情や主観が入っているとも言われていますが、明智光秀は問題文にあるように記されています。

どうして悪者のような内容になったかは諸説あるようですが、八上城攻めで征伐した丹波の波多野秀治がキリシタン大名であったことが理由の一つと言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事