丁寧に歴史を追求した "本格派" 戦国Webマガジン

斉藤道三が最後に住んでいた城は?

斎藤道三のイラスト

美濃の斉藤道三は、息子の義龍と不仲になり、戦って討ち死にしていますが、その戦いの直前に道三が拠点としていた城はどこでしょうか?

( 正解率は 43 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「大桑城」

  回答内訳

23人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 1回

大垣城 (9回答、39%)
加納城 (2回答、8%)
大桑城 (10回答、43%)
黒野城 (2回答、8%)
 解説

大桑城は現在の岐阜県山県市にありました。鎌倉時代に築かれたと伝わる歴史のある城です。

斉藤道三は家督を息子の義龍に譲ってから鷺山城に移り、隠居していましたが、のちに義龍と不仲になって争うことになり、決戦を前に大桑城まで逃れました。

道三が居住する以前は美濃国守護の土岐氏も居住していました。現在は人里離れた山奥にあり、ハイキングコースとなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事