藤原秀衡は源義経に対して何をした人?

藤原秀衡像(毛越寺 一山白王院 蔵)

奥州藤原氏当主の藤原秀衡(ふじわら の ひでひら)といえば、源義経に「何か」をした人として知られています。その「何か」とは何でしょうか。

( 正解率は 85 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「庇護、養育した」

  回答内訳

7人 が回答済です

庇護、養育した(6回答)
85%
合戦で援軍をだした(0回答)
0%
暗殺を試みた(1回答)
14%
頼朝打倒をそそのかした(0回答)
0%

※未回答での閲覧回数は 0回

 解説

『義経記』によれば、源義経は鞍馬山から脱出した後、商人の吉次とともに奥州に下りました。そこで藤原秀衡の薫陶をうけ、成長した義経は、源平の合戦で大活躍をした、とされています。

また『吾妻鏡』によると、義経が頼朝と対立し鎌倉を追われた時も、秀衡は彼をかくまい、鎌倉幕府と対抗しました。

※参考
  • 『吾妻鏡』(吉川弘文館、1932年)
  • 『義経記』(日本古典文学全集、小学館、1959年)


 記事でくわしく知りたい

 こんなクイズもあります