風林火山の出典元といえば?

風林火山の写真

武田信玄といえば、風林火山の旗が有名です。この「風林火山」、実は中国の古い書物が出典元なのですが、それは次のうちどの書物でしょうか?

( 正解率は 76 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「『孫子』(そんし)」

  回答内訳

67人 が回答済です

『水滸伝』(すいこでん)(9回答)
13%
『西遊記』(さいゆうき)(1回答)
1%
『孫子』(そんし)(51回答)
76%
『論語』(ろんご)(6回答)
8%

※未回答での閲覧回数は 3回

 解説

『孫子』は紀元前の中国春秋時代に、孫武(そん ぶ)という人物が書いた13篇の兵法書です。日本には8世紀ごろに伝来したと言われています。信玄の時代から800年ほど昔になります。

その軍事篇第七に「故其疾如風、其徐如林、侵掠如火、不動如山」という記述があります。軍争の要則、つまり軍隊で戦う場合に大切なことを記した箇所です。行軍は風のように早く、駐軍は林のように静かに、攻撃は火のように、防御は山のように行うように、という内容です。

実はその後もまだ少し続きがあるのですが、信玄は前半の四つに特に重きをおいて旗を作ったようです。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事