意外な力持ち。細川藤孝が退けたものは?

細川幽斎の肖像画(天授庵 所蔵)

文化人のイメージが強い細川藤孝(ほそかわ ふじたか。のちの幽斎(ゆうさい))ですが、実は怪力のエピソードが残っています。 彼が素手で退けたと言われているものは、一体何でしょうか?

( 正解率は 62 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「牛」

  回答内訳

48人 が回答済です

牛(30回答)
62%
力士(6回答)
12%
米俵(6回答)
12%
大砲(6回答)
12%

※未回答での閲覧回数は 7回

 解説

室町幕府の要人で、和歌の才に優れ、文化人としてのイメージが強い細川藤孝(幽斎)には、こんな逸話があります。

ある日、暴走した牛車が勢いよく藤孝に迫ってきました。藤孝がその牛の角を掴み、後ろに押しやると、牛は後ずさりした

というものです。

他にも、立ちふさがった門番が竹杖を振り上げたので、その腕を掴んだら骨が折れてしまったとか、そもそも剣も免許皆伝の腕前だとか、力強い逸話が意外と残されている細川藤孝なのでした。

 もっと詳しく知りたい

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事