織田信長の配下にあった水軍は?

『肥前名護屋城図屏風』に描かれている安宅船

戦国時代、織田信長の配下にあった水軍は次のうちどれでしょうか。

( 正解率は 80 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「九鬼水軍」

  回答内訳

92人 が回答済です

村上水軍(12回答)
13%
毛利水軍(2回答)
2%
九鬼水軍(74回答)
80%
熊野水軍(4回答)
4%

※未回答での閲覧回数は 9回

 解説

九鬼水軍(くきすいぐん)は、志摩国を本拠としていた九鬼氏が率いた水軍です。

戦国時代の初期、九鬼氏は伊勢北畠氏に仕えていましたが、織田信長の台頭によって織田家の配下となりました。 九鬼水軍は織田家の海戦部隊として伊勢長島の一向一揆や石山本願寺との戦いで活躍しています。

九鬼氏の当主で「海賊大名」の異称をとった九鬼嘉隆は、信長の要望によって鉄甲船(鉄板で装甲した巨大安宅船)を建造したことでも知られ、この鉄甲船で当時無敵ともいわれた毛利水軍を打ち破っています。

 もっと詳しく知りたい

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事