明智光秀の妻がお金に困って売ったものとは?

妻木煕子のイラスト

明智光秀が諸国放浪中の貧しかった時代に、妻の煕子(ひろこ)は大切なものを売って金を工面した、という逸話があります。さて、その大切なものとは、次のうちどれでしょうか?

( 正解率は 83 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「黒髪」

  回答内訳

65人 が回答済です

かんざし(8回答)
12%
小袖(2回答)
3%
黒髪(54回答)
83%
茶碗(1回答)
1%

※未回答での閲覧回数は 13回

 解説

斎藤道三の後を継いだ義龍に美濃国から追い出された光秀は、浪人となって諸国を放浪(最近では創作といわれてます)。そのころの光秀の生活はとても苦しかったようです。

光秀は越前国の朝倉氏への仕官が叶い、武士仲間を呼んで連歌会を開くことになったのですが、もてなすお金がありませんでした。それでも、妻の煕子は「費用は工面するので、心配しないように」といい、自慢の黒髪を売り、会でもてなす費用を捻出したとか。次々と出される料理や酒に、連歌会に参加した武士たちは満足したようです。

江戸時代、松尾芭蕉が坂本に訪れた時に、妻が光秀のために女性の大切な黒髪を売ったと聞き、感動して句を残したといわれています。

「月さびよ 明智の妻の はなしせん」という句です。

 もっと詳しく知りたい

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事